2012年10月19日

海外の日本国債保有残高 前年同月比2割増で過去最高

大前研一さんの
グローバルマネー・ジャーナルより。メモ

4−6月の資金循環統計では、
海外投資家が保有する日本国債の残高は、
6月末に過去最高。

安全資産とされる日本国債に資金が向かい、
海外投資家比率は上昇、中央銀行と同程度保有。

保有額は以前40兆円程度だったのが、
今では80兆円を超えている。右斜め上

この状況は、決して喜んでよいものではない。がく〜(落胆した顔)

海外投資家は非常に逃げ足が速いので、
格付けの見直しなど、悪い情報が出るだけで、
あっという間に資金を引き上げて逃げていく。
ダッシュ(走り出すさま)

80兆円規模の国債にレバレッジをかけて
売られてはたまらない。あせあせ(飛び散る汗)

ギリシャのようになっている実態がばれてくると、
外国人保有分は非常に揮発性が高くなるので注意が必要。

一方、6月末時点の家計の金融資産残高は
前年比で増加。グッド(上向き矢印)

世界経済の減速や国内経済の先行き不透明感から、
国内では手元の資金を増やしていると見られている。

結果として日本国民は1500兆円程度の金融資産を持ち、
そのうち現金が800兆円を超えていると言われる。

しかしそれは間違いで、
現金のほとんどは銀行に預けており、
その資金で銀行が国債を買っている。
有料

つまり、国民が保有する800兆円以上の資金は、
現金ではなく国債を保有している
ことになる。

逃げ足の速い外国人投資家の保有が増えていること、
日本人は貯金していると思い込んで国債を保有していること、
国債に関しては二重にまずい状態にあると言える。むかっ(怒り)

このことをきちんと認識しておく必要がある。目

そんな中、国民医療費は増加の一途。
医療費の増加が目立つ後期高齢化の問題だが、
民主党政権はこれを何とかすると言いながら
何も手が付けられないでいる。パンチ

あまりにも危機感がなさ過ぎはしないか。ちっ(怒った顔)



ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース





posted by イーリズム at 02:50| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

タマゴが先か?鶏が先か?---資産形成コラム

大前研一さんの資産形成コラムより。メモ

何に投資すれば良いか、
に関しては投資タイミングにより変わるが、
根本的なお金に関する考え方は変わらない。

家計のP/L、B/S、キャッシュフロー表を
作成するなどライフプランを考え、
それを基にした資産運用、形成の計画を考える。決定

実際骨の折れる作業であるが、
早くに人生を設計するに越したことはない。るんるん

「貯蓄がない中で資産運用の仕様がない」
という人もいるが本当にそうだろうか。

実際、資産を増やすという場合、
幾つか方法がある。ぴかぴか(新しい)

大きくは、
1.収入を増やす(稼ぐ力を上げる)
2.支出を削減する(家、保険、車が代表例)
3.残ったお金を運用する

稼ぐ力が上がることは、
その後の長い社会人生活に影響を与え、
生涯収入は大きく変わるので、
これを優先するのも良い考えだ。かわいい

しかし多くの方にとって、
「3.残ったお金を運用する」
というのは非常に難しいものだ。

「残ったお金」をと考えていても、
残らない場合が多い。がく〜(落胆した顔)

将来に目的や目標があるならば、
そこに向けて貯蓄・資産形成する戦略が必要。ふくろ

つまり、株式に投資するなどして
資産運用を行う部分だけが資産形成ではない。

収入・支出のバランスを見直すこと、
ファイナンシャルプランを設計することも大事。ひらめき

タマゴが先か?鶏が先か?
格言になっているから、皆悩む部分である。
もちろん、どちらが正解ということもない。

しかしこれからは、お金に対する知識、
自己防衛の知恵が重要になってくる。有料

如何に将来に向けて資産を防衛するのか、
考え始めてみることが重要ではないか?



ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース





posted by イーリズム at 04:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

各省庁のムダな予算要求が日本をギリシャ化させる その2

前回の続き。

大前研一の
「産業突然死」時代の人生論よりメモ

少子高齢化と誰もが唱えるが、
言い換えれば、
返済する人が減り受益者が増える
ということである。ひらめき

それが分っているからこそ
消費税の増税も「やむなし」
となったはずである。

しかし、現実は省庁の自己都合で
不要不急の無駄な出費のオンパレード
となっている。がく〜(落胆した顔)

野田政権の肝いりで重点配分されている
「重要3分野」は、実に緊迫感の足りないものだ。

「環境・エネルギー」分野
「LED照明等で公共施設を省エネ」(国土交通省)84億円
「超小型車の導入補助」(国土交通省)6億円
「マンション丸ごと省エネに補助」(経済産業省)90億円
「再生エネルギー向け大型蓄電池の開発」(経済産業省)180億円
「国立・国定公園で地熱開発」(環境省)5億円
「地域の省エネにつながる通信網」(総務省)12億円


「健康」分野
「iPS細胞を使う再生医療研究」(文部科学省)80億円
「革新的新薬や医療技術の開発」(厚生労働省)411億円


「農業」分野
「農林漁業への若者就業支援」事業(農林水産省)575億円

呆れるような事業内容ばかりである。パンチ

これでは、各省庁の“字余り事業”をかき集めて、
ホチキスで留めて一覧にしただけだ。

いずれの事業も、
予算をつけるほどのものではない。ふくろ


本来、成長戦略というのは、
こんなものではない。

基本的にはあまり税金を使わずに、
若い人の起業を支援したり、
さまざまな規制撤廃・緩和を
行っていくのが王道
と言える。

成長戦略をめぐって
各省庁が予算の取り合いをするという役人根性は、
いい加減終わりにしてもらいたい。どんっ(衝撃)

無意味な成長戦略やムダなバラマキはやめて、
概算要求段階で思い切って
総額を10兆円規模で削るという決断が必要だった。ふらふら

どうせ次の選挙で民主党が生き残る可能性は低い。モバQ

せめて「増税+緊縮財政」で
危機的な状況にあった
日本の国家債務に変革点が訪れた、

と後の人々に言われる予算を
置き土産にして欲しかった。あせあせ(飛び散る汗)

そうした決断ができないまま
自民党主体の政権が戻ってくれば、
結局元の木阿弥で、

日本もいよいよギリシャやスペインの
道を下り落ちることになる。遊園地



ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース





posted by イーリズム at 00:40| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

各省庁のムダな予算要求が日本をギリシャ化させる

大前研一の
「産業突然死」時代の人生論よりメモ


来年度予算の概算要求が
9月7日に締め切られ、

一般会計の総額は
今年度の当初予算と比べ
7兆円余り多い98兆円。目

概算要求は4年連続で
過去最高を更新。右斜め上

「官から民へ」と
小さな政府を標榜したはずの民主党だが、
政権を取ってみれば自民党と何ら変わらない。バッド(下向き矢印)

野田政権の成長戦略である
「日本再生戦略」で掲げた
環境など重点分野の要求が
2兆円規模になった上、

借金の返済や利子の
支払いに充てる国債費が増加。グッド(上向き矢印)

特別会計に計上する東日本大震災の
復興経費4兆4794億円を含めると、
102兆円超え。。。どんっ(衝撃)

野田政権がいかにダメかということが、
この概算要求によく表れている。あせあせ(飛び散る汗)

財政赤字に苦しむ今の日本が
やらなければならないことは、

予算を削減すること。右斜め下

野田政権は
「社会保障と税の一体改革」
と言いながら、

社会保障についての
ポリシーを打ち出していない。パンチ

消費増税法案だけ通して
一体改革はほったらかしだから、

こんな詐欺行為のような
肥満型の概算要求がまかり通ってしまう。むかっ(怒り)

増税だけを先行させて、
歳出抑制が後回しになっているから、
増税したのに財政再建できない
というおかしな結果を生んでいる。

「子供たちにツケを回さない」
という野田首相の言葉は完全に空回り。眠い(睡眠)

そもそもの考え方を変えてくれる人は
どこかにおらんのかね。。。たらーっ(汗)


ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース





posted by イーリズム at 00:49| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

日本航空は「今が盛り」、再上場後の成長シナリオが見えない

前回に引き続きJALネタ。メモ

大前研一の「産業突然死」時代の人生論から。NEW

JALが9月中旬に東京証券取引所に株式を
再上場する方針を固めたと新聞各紙が報じた。
実現すれば、2010年1月の会社更生法適用申請から
およそ2年8カ月で株式市場に復帰することになる。ダッシュ(走り出すさま)

しかし新聞の報道は、JALの再上場について
皮算用をしている段階ではないか。
JALには肝心要の成長シナリオが
欠如しているというのが厳しい実態だ。がく〜(落胆した顔)

いやそもそも成長シナリオのない会社は上場しても
資金を市場から調達することができないだろうから、
通常は上場さえおぼつかない。どんっ(衝撃)

JALのどの数字を見ても、
私には将来的に伸びていくシナリオが描けない。手(パー)

確かに、日航は黒字に転換した。
これは史上稀にみる収益のV字回復である。右斜め下右斜め上

しかし、会社更生法適用による
さまざまな特例措置の恩恵を受けているだけで
一時的に黒字転換を達成できたに過ぎない。時計

ボストン、フィンランド、サンディエゴなど新設路線は
いずれも「帯に短し襷に長し」という点で、
燃費のよいB787を使うといっても素直に収益を伴う
成長戦略の決定打にはならないだろう。飛行機

超激戦路線の価格競争の影響をもろに受けている。
またLCCの台頭も収益を伴う競争力強化
という点からなかなか難しい。パンチ

このように考えてくると、
JALが会社更生法適用による特殊事情を抜きにして、
本当の意味で黒字を実現し、
さらに成長していく方法は簡単には見つからない。もうやだ〜(悲しい顔)

日航が復活したように見えるのは、
稲盛和夫さん(日航の取締役名誉会長)の下で、
コストを徹底的に削ったのが功を奏しただけであり、
成長性が生まれたわけではない。たらーっ(汗)

稲盛さんが役割を終え、再上場するという時に、
日航に成長シナリオが欠けているというのが大問題。。。雷

日航の再上場を、どうして各紙が
楽観的に報じているのかが理解できない。exclamation&question

企業再生支援機構が国策として投資した資金が
回収できるということは国民としては喜ばしいことだが、
国家と証券会社がグルになって一般投資家を欺かないことを祈る。目

JALの再上場を多少なりとも期待していたが
これを読んで一歩踏みとどまろうと思った。
一度底を付けてからでも遅くないかな。。。ぴかぴか(新しい)


ためになったらクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース







posted by イーリズム at 00:01| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

毎年賃上げの中国人に「月収5万円くらいで頭打ち」と大前研一氏

SAPIO2012年4月25日号より。本

中国「何でも欲しい病」の象徴の一つが、
労働者の賃上げだ。どんっ(衝撃)

かつて“安い労働力”の代名詞だった中国人労働者は、
このままいけば米国内の労働者の賃金をも上回るという。
もしそれが現実になったら、どうなるのか?ー(長音記号1)

そうなると企業は遅かれ早かれ中国を見限って、
ASEAN諸国などに逃げ出すことになるだろう。
そうなると中国は国際競争力を急速に失うことになる。霧

中国をはじめとする新興国の賃金が月5万円を超え、
かつての日本のように30万円まで上がっていくのか、
甚だ疑問である。バッド(下向き矢印)

なぜなら、そこから先は
イノベーションとクリエイティビティ(創造)
が不可欠だからだ。手(チョキ)

創意工夫を凝らして付加価値が高い物や
他の国が真似できない物を作れないと、
なかなか30万円にはいかない。ふらふら

もし将来、新興国の賃金も上がっていくと、
それに伴い、物価が世界中で上昇していくことになる。
そうすると購買力が減少し、
需要の創出そのものがスローダウンしてしまう。バッド(下向き矢印)

したがって、おそらく新興国の大半は、
これまでのメキシコのように上がっては下がりの乱高下する経済、
ブームとバーストを繰り返す経済になっていき、
賃金は5万円くらいで頭打ちとなる可能性が高い…。決定

トヨタもエジプトで組立てをするというニュースがあった。
各企業も今後の動きを模索しているのでしょう。ひらめき



PRESIDENT
/~\大前研一通信

PRESIDENT
/~\大前研一通信(大前流戦略的発想法セット)

PRESIDENT
/~\大前研一通信(ザ・プロフェッショナル+PSAセット)

PRESIDENT
/~\大前研一通信(マネー・資産運用セット)

PRESIDENT
/~\週刊東洋経済

PRESIDENT
/~\英字新聞 週刊ST

PRESIDENT
/~\週刊ダイヤモンド

PRESIDENT
/~\日経ビジネス


AB-ROAD(エイビーロード)で格安海外旅行・航空券を探そう



posted by イーリズム at 17:02| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

デジタル分野では新興国に勝てない

昨日書いた大前さんの講演
面白い話があった。手(グー)

アナログは先行企業が有利であるが
デジタルにはこれが当てはまらない。


つまりこういうことだろう。左斜め下

日本の高い品質を考えるとアナログ分野では
世界を牽引していくことができたのだろうが
デジタル分野(1と0の世界)になると
新興国も同じものが作れるので
日本の優位性が維持できない。目

日本もテレビを大きくしたり
デジカメの画素数を上げて
何とかこの波に耐えてきたのだろうが
ついに限界が来たのか。爆弾

昨日シャープが中国・鴻海(ホンハイ)グループと
提携をするとのニュースがあったが
まさにそれを象徴する出来事ではないだろうか。メモ


企業参謀 戦略的思考とはなにか 新装版 / 大前研一 〔単行本〕
ザ・プロフェッショナル 21世紀をいかに生き抜くか / 大前研一 〔単行本〕
【書籍】訣別 大前研一の新・国家戦略論
慧眼 問題を解決する思考 / 大前研一 〔単行本〕

AB-ROAD(エイビーロード)で格安海外旅行・航空券を探そう



posted by イーリズム at 21:18| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

新世紀の大潮流と「勝ち組」の構想力(大前研一さんの講演)

3月18日に行われたネット証券4社による
「ネットで投信フォーラム in Tokyo」の動画が見れた。目

私は万一東京出張でもあった時のために
参加申込しておいたが残念ながら参加できず。もうやだ〜(悲しい顔)

しかし後日、事務局から当日の開催レポートと、
講演の動画のページが送られてきた。わーい(嬉しい顔)
(本当に感謝。。。ハートたち(複数ハート)

開催レポートはこちら
講演の動画はこちら

いくつかの動画が見れたが
大前さんの講演は圧巻の内容であった。どんっ(衝撃)

何というか一般的な講演とは世界が違う。
宇宙から地球を俯瞰しているかのよう。iモード

「世界の大きなお金の流れを理解しろ」
とのことでした。exclamation×2

いろいろと新興国の個別企業の紹介があったが
このあたりは動画を見ていただきたい。TV

最後に世界のトレンドが読めていないという
日本企業にもアドバイスがあった。

日本企業が苦境を脱し、世界で活躍し、
成長を遂げるための必要条件

@目線を上げる
A大胆な目標を掲げる
Bグローバル人材の活用
C世界中の有能な人材の活用
D組織を国別対応にする
E共通の研修スキームを作り上げる
Fシステムの統一
G世界最適化の徹底
H「企業参謀」をつくる
I上記の任に堪えない経営者は退任


【送料無料】...

【送料無料】...
価格:840円(税込、送料別)

【送料無料】黄金の扉を開ける...

【送料無料】黄金の扉を開ける...
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】大震災の後で人生につ...

【送料無料】大震災の後で人生につ...
価格:1,575円(税込、送料別)



posted by イーリズム at 23:59| 愛知 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

ビジネスマンは親として子供に何を教えるべきか?

本屋でTHE 21 (ざ・にじゅういち) 2012年 03月号 [雑誌]を立ち読みした際、大前研一さんのコラムに目が止まった。
IT業界で活躍する二人の息子へのこれまでの教育について解説されている。
覚えている範囲で、要点は以下のとおりでした。exclamation

・問題解決力を高める
→日本の学校のように決まった1つの解答を求めるのではなく、答えのない解答を導き出す能力を鍛える。
→スロバキアについて来週までに調べて説明させる。
→旅行のプランを立てさせる。(航空会社から宿、観光名所など…)

・マネー力を高める
→タダでお金がもらえると思わせない、だからお年玉はあげない。
→何かの見返りにお金を与える。

・国際的な視点、語学力を高める
→子供が小さい頃から頻繁に海外に連れていく。




posted by イーリズム at 22:26| Comment(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。