2013年03月13日

HSBCが4年で「日本撤退」を決めた理由---立ちはだかる高齢層の「慣習の壁」




英国大手金融機関HSBC銀行が
日本から撤退するというニュースは記憶に新しい。

日経ビジネスオンラインの「ニュースを斬る」に
関連記事があったのでご紹介。左斜め下


英大手金融機関HSBCが、日本で展開していた
富裕層向け金融サービス「HSBCプレミア」を終了すると発表。

日本にあるHSBCの6支店で提供されている
サービスは段階的に終了していく。ダッシュ(走り出すさま)

HSBCはすでに日本でのプライベートバンク事業を
スイスの金融機関クレディ・スイスに売却すると発表。

これでHSBCは、日本におけるリテール・ビジネスから
事実上、完全撤退することになる。

日本以外にも、タイのHSBC個人リテール事業も
アユタヤ銀行に売却することが決まっている。銀行

2008年の日本上陸からわずか4年。

リテール・サービスからの撤退は、
日本における富裕層ビジネスの難しさを
改めて浮き彫りにした。バッド(下向き矢印)

金融資産1000万円以上という
「マス富裕層」を相手にしたサービスは、

外資系銀行では、米シティグループや
英スタンダードチャータード銀行などが展開しているが、
邦銀と取り引きする顧客を獲得することは容易ではない。あせあせ(飛び散る汗)

DSCN5161.jpg

日本は高齢者を中心に1400兆円といわれる
莫大な個人金融資産を持っている。

それだけに「有望市場」とされて、
外銀も本腰を入れて乗り込もうとしたのだが、

現実には「高齢者の壁」に苦しめられている。ふらふら

なぜ、高齢層の開拓が難しいのか。

理由として考えられるのは、日本の金融サービスが
手数料や取り扱い金融商品がほぼ横並びで、

しかも金融規制が厳しいため、
自由なサービス展開をしてこなかったことがある。どんっ(衝撃)

こうした金融機関に長年、慣れ親しんできた高齢層は、
外銀が提供する個人のライフプランや
資金ニーズに応じた商品などに、馴染みが薄い。

プライベートバンクに代表される欧米の資産運用ビジネスが、
日本の高齢層にはイメージし難いサービスだったことは確かだ。

世界でも指折りの金融機関HSBCが、
わずか4年で「日本撤退」となった真因は、
この「慣習の壁」にあるのかもしれない。むかっ(怒り)

IMG_0819.JPG

現在、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に
加盟するかどうかで注目されているが

金融や保険などの分野においても、規制を緩め、
顧客が海外の良い商品が自由に選択できるように
なることを望んでいる。手(グー)

日本を一歩外に出れば、国内では
「詐欺ではないか」と思われるような
高金利の商品がいくらでも転がっている。

そのような事実を
多くの人に知ってもらいたい。演劇

それが、世界標準ですから。。。



L03B0078.jpg

◆◆ 頑張る自分にご褒美を・・・幸せのスイーツ ◆◆
◆◆ 幸せに豊かに生きていくためのハッピーグッズ ◆◆


女性を幸せにしたい男性のためのハッピーグッズのショッピング
体の中から健康になるハッピーグッズのショッピング
仕事ができる人はみんな持っているPCハッピーグッズのショッピング
男なら誰もが憧れる腕時計ハッピーグッズのショッピング
海外から直輸入した味わい深いビールコーナーのショッピング



ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース


posted by イーリズム at 00:01| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | HSBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。