2013年02月27日

いまや「日本脱出」がエリートの合言葉に!?“高度人材大移動の時代”到来の衝撃



ダイヤモンドオンライン
人口減少 ニッポンの未来るんるん

シンガポール政府は、
国民の人口減少で不足する労働力を、
外国人人材で補おうと考えている。

彼らにとって、「人材」こそ唯一の資源。手(グー)

1965年の独立開国以来、
多くの外国人たちを受け入れてきた。

「必要な時、必要な外国人を、必要なだけ活用する」

シンガポールの外国人人材の質と量は、
政府の巧みな戦略によってコントロールされている。

実際、エース級のビジネスパーソンが
世界中からシンガポールに集まってきている。ダッシュ(走り出すさま)

アジア、米国、ヨーロッパ・・・
日本も例外ではない。

弁護士、会計士、税理士など、サムライ業の間では
『日本にいてはいけない』が合言葉。

シンガポールはアジアにおける交通、金融のハブだが、
今や法務、財務の世界でもハブ化しつつある。どんっ(衝撃)

アジアで最先端の法務、財務に触れ、
キャリア形成をしなければ未来がないことを、
彼らは知っている。

その他のホワイトカラーたちも同じ思いなのでは。

ここには日本では得られない英語情報や
ビジネスチャンス、リスクマネーがあふれている。有料

優秀な人材がネットワークを作り、
ダイナミックなビジネスがどんどん展開されていく。

スーパー高度人材がシンガポールを目指すのは、
まさに今、ここにスーパー高度人材が集まっているから。。。ぴかぴか(新しい)


収入、地位、成長のチャンス、
挑戦心を掻き立てるビッグプロジェクト。

あらゆる仕掛けを駆使して、
スーパー高度人材を狩り続けるシンガポール。手(チョキ)

グローバル競争の舞台では、
多様な情報、スキル、価値観を持った人たちが
知恵を出し合って戦わないと勝ち目がない。

しかも人口減少で国内の消費者は
今後、どんどん減っていく。バッド(下向き矢印)

日本人による日本的なやり方で、
世界に通用する商品やサービスを生み出せるのか?

海外では優秀な人ほど能力主義を好む。

年功序列による昇進の遅れ、
成果に基づかない評価を嫌う高度外国人材は多いはず。パンチ


世界中で始まったエリートの争奪戦。

より魅力のある国、都市へ、
国籍を問わず才能が集中する
高度人材大移動の時代。

元気な日本であり続けるためにも、
企業や大学は大きな変革を迫られている。モバQ

sin.jpg

企業や大学だけでなく
そもそも国のあり方が問われている。

このままではまずくないですか。。。眠い(睡眠)


◆◆ 頑張る自分にご褒美を・・・幸せのスイーツ ◆◆
◆◆ 幸せに豊かに生きていくためのハッピーグッズ ◆◆


女性を幸せにしたい男性のためのハッピーグッズのショッピング
体の中から健康になるハッピーグッズのショッピング
仕事ができる人はみんな持っているPCハッピーグッズのショッピング
男なら誰もが憧れる腕時計ハッピーグッズのショッピング
海外から直輸入した味わい深いビールコーナーのショッピング



ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース


posted by イーリズム at 00:05| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック