2013年02月22日

世界で何が起きている?1位:インド 2位:UAE 3位:アゼルバイジャン---石田和靖さん 夕焼けマーケッツ



ラジオ日経の番組
夕焼けマーケッツ 投資って楽しいねっ!より。

ゲストは「越境せよ」という新著を出された
石田和靖さん。目

ラジオを聴いて永久保存版として残しておきたいと思い
今回ブログとして書き綴っておく。

そこには日本の新しい生き方の答えがある気がする。わーい(嬉しい顔)


日本の政府は何を考えていますか?
日本人から税金をとることしか考えてない。ちっ(怒った顔)

そんなの問題にするんじゃなくて
外国人をどんどん取り込んでいっては???

例えば、福島にNew Energy Cityとか作って・・・

あそこは未曾有の原発事故が起こった。
それを教訓として活かさないといけない。NEW

良くも悪くも世界に福島が知れ渡ったんですよ。

これまで知られていなかった一都市が
一瞬にして有名になったんですよ。

これをチャンスと捉えて
世界中の再生エネルギーの研究開発機関とか
大学とか企業とか集めて・・・

ドバイのような再生エネルギーのフリーゾーンを作って、
とにかくここで商売をやってくれと、
100年間税金は要らないよと。。。眼鏡

その代わり外国人が1社につき100人くらいやってきて
それが何十社とかあるんだから、

そうすると福島にお金が落ちるでしょ。
彼らは福島で生活をするんだから。

それくらいの規模で考えないといけない。

そういうのを何十個も作っているのがドバイ。リゾート

インターネットのフリーゾーン、
金融のフリーゾーン、
貿易のフリーゾーン、
メディカルフリーゾーン。。。

それで自分の国が
今後ずっと食べていこうとしている。

脱石油のロールモデルですよね。ひらめき

自分たちが、今後石油がなくなったら
困るよねって感じていて・・・
だから次を考えた国ですよね。

隣国のアブダビなんかは
マスダールシティっていう

再生エネルギーのゼロカーボンシティ
を作っているんですよ。

石油を掘っている国が
石油を一滴も使わない都市を作っている。がく〜(落胆した顔)

自動車で入ることもできない。

石油を100%否定するような都市を作っているのがアブダビ。

これらの国に限らずこのあたりの産油国は
みんな次の経済モデルを作るんですよ。手(グー)

アメリカのシェールガス革命も
二酸化炭素排出量を減らそうという世界的な動きも
いろんなものが産油国にとって危機なんですよ。

オイルのピークアウトがいずれ来るだろうと。

そのときにどんな経済モデルで
うちの国は飯を食っていくの・・・
ってのがみんな課題なんですよね。end

dubai-hotel.jpg

政府の方々、聞きましたか?
みなさん、危機感は持っていますか?

アベノミクスもいいですが
もう少しスケールでかくいきませんか。。。exclamation



ところでタイトルの順位は

石田和靖さんが訪れた中で
富裕層の勢いがものすごいなって思った国で
日本の企業が乗り込んでいける機会が大きいランキング






◆◆ 頑張る自分にご褒美を・・・幸せのスイーツ ◆◆
◆◆ 幸せに豊かに生きていくためのハッピーグッズ ◆◆


女性を幸せにしたい男性のためのハッピーグッズのショッピング
体の中から健康になるハッピーグッズのショッピング
仕事ができる人はみんな持っているPCハッピーグッズのショッピング
男なら誰もが憧れる腕時計ハッピーグッズのショッピング
海外から直輸入した味わい深いビールコーナーのショッピング



ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース


posted by イーリズム at 00:05| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック