2013年02月16日

大学・大学院に占める社会人の割合---OECD平均21%、日本はわずか2%



大前研一ニュースの視点より。

テレビ東京の経済情報番組
ワールドビジネスサテライトで8日、

ビジネス・ブレークスルー大学が開催した
「10年後に必要なスキル」
と題するセミナーの模様が報じられました。TV

大手企業に勤務していても
業績悪化でリストラをされる時代。

グローバル化の進展で
海外人材との競争も激しくなるなど、

日本のビジネスマンは10年後を見据えて、
必要な努力をする時期に来ていると紹介。本

先日、英フィナンシャル・タイムズ紙が発表した
「グローバルMBAランキング2013」を見ると、

1位:ハーバード、2位:スタンフォード、3位:ペンシルバニア、
4位:ロンドン、5位:コロンビア、と続き、

日本の大学・大学院はトップ100に
1校もランクインしていませんでした。
がく〜(落胆した顔)

また大学・大学院入学者に占める社会人の割合を見ると、
OECD加盟国の平均が21%に対して日本はたった2%。

韓国でさえ10%です。英国は20%、
米国23%、アイスランドは37%。

OECDの平均で見ても、
大学や大学院への入学者のうち5人に1人は社会人なので、
相当数の社会人が新しいスキルを勉強するために
大学・大学院に戻ってくるわけですが、

日本では「1度卒業したらそれで終わり」
という人が圧倒的に多いのです。バッド(下向き矢印)

競争力を失いつつある日本人が5年後、10年後、
企業人として伸びていくためには
2つの問題があると私は見ています。

まず1つは、大学側に
「教えるスキルがない」ということ。ビル

未だに日本の大学では20年前の教科書を使っていますし、
今の日本の大学の先生には教えられるスキルがありません。

もう1つは、学生側(社会人)に
「学校に通ってもっとスキルを学んでいく」
という発想がないことです。あせあせ(飛び散る汗)

ほとんどの日本の社会人は、大学を卒業したら
後は自分で努力することが全てだと思っています。

日本の社会人の中で、英語でリーダーシップを取れる人は
どのくらいいるでしょうか?

あるいは、複式簿記の計算ではなく、
実際に企業買収の現場で使えるような
企業価値の算出方法を知っている人が
どのくらいいるでしょうか?

こういう実践的なスキルを教えてくれるビジネススクールは
日本にはほとんどありませんが、海外にはたくさんあるのです。リゾート

だから、オーストラリア、米国、カナダに行けば、
この程度のスキルを身に付けている人はたくさんいます。

大学の学位と職業が
密接に結びついていると言えると思います。

「社会に出たら、上司の言うことを我慢して聞いていればいい」
そんな時代はとっくに終わっています。ふらふら

私は十数年間社会人教育を行なってきました。

まだまだ日本の天井が高く伸びる可能性がある
という点で期待できる反面、

それでもなお日本人は「鈍い」
と感じざるを得ません。

大学や大学院で勉強する社会人が増えると、
かなり状況は違ってくると思います。手(グー)


ケンレミチャート(2464:ビジネス・ブレークスルー)
BBT.jpg

私もこのWBSの放送を見たのだが
それだけが要因かはわからないが

それまで45000円程度で推移していた株価が
一気に60000円近くに跳ね上がっている。グッド(上向き矢印)

市場もそれだけ注目しているということ!

この記事を読むとサラリーマンの私としては
少々耳が痛い話である。

何か行動を起こさねば。。。

ビジネス・ブレークスルー(BBT)では
株主になると受講料割引もあるので
それを活用するのもよさそう。。。手(グー)


PRESIDENT
/~\大前研一通信

PRESIDENT
/~\大前研一通信(大前流戦略的発想法セット)

PRESIDENT
/~\大前研一通信(ザ・プロフェッショナル+PSAセット)

PRESIDENT
/~\大前研一通信(マネー・資産運用セット)

PRESIDENT
/~\週刊東洋経済

PRESIDENT
/~\英字新聞 週刊ST

PRESIDENT
/~\週刊ダイヤモンド

PRESIDENT
/~\日経ビジネス


posted by イーリズム at 01:30| 愛知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
日本の東大が、世界ランク低い事実。
あまり知らないかもしれませんね。
大学受験も変わりませんし、本当に学びたい人が、家庭の事情等で、大学にいけなかったり…。
記事にもあることが事実なので、日本の大学の在り方を変えて頂きたいですね。
自分たちの次の世代まで引継ぎさせたくはないです。
Posted by 投資マニア at 2013年02月16日 16:42
教育についてはこれまでの政策は失敗だったんでしょうかね。
今後、週休1日に戻すような動きも出てきそうですしね。

教育だけでなく、財政、出産育児など
時間のかかる政策について日本はうまくいってない。

目先のことにとらわれすぎて長期的視点に欠けているような。
Posted by こうちゃんパパ at 2013年02月17日 11:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック