2013年01月28日

物価が2%上昇したら国民生活はどう変わるの?---岡崎・鈴木のマーケット・アナライズ

日銀は、2%の物価上昇目標を導入。
来年からは無期限緩和、政府と「共同声明」

そんなニュースが流れた。TV

日銀が政策決定会合の翌日に出したレポート
「物価の安定」についての考え方に関する付属資料

をもとに、この先どんな世界が待っているのかを
岡崎良介氏が分析して説明。目


2%まで物価が上がったときに上昇するのが
非耐久消費財、つまり日用品、医療関係、
教育関係、公共料金、場合によっては家賃・・・

このあたりは2%以上上がる可能性あり。右斜め上

一方、耐久消費財は上がりにくい。

テレビ、家電一般、PC、自動車など
2年3年と長期間使用するものは
なかなか上がりにくい。

上がるものと上がりにくいものが
相殺されて2%になるということは

庶民の生活には厳しい。がく〜(落胆した顔)

いつも買うものや絶対使うものが
2%以上になるということ。

見方によれば、
それでもいいんですよね・・・

という内容のレポート。。。あせあせ(飛び散る汗)

ただその一方で期待が先行して
上がっていく展開であるから
資産をお持ちの方には非常に有利。手(グー)

外国資産を持っていれば
為替の効果がありますし、

株を持っていれば株の効果、
土地を持っていれば土地の効果・・・

逆に負債を持っている人は
厳しくなってくる。ふらふら

金利が上がってくるので、
住宅ローンを払う金額が増えてしまう。

良い面も悪い面もある。手(パー)

具体的に悪い面について言及しているのが
金利が上がってきた場合に金融機関が損をすること。銀行

大手行、地方銀行、信用金庫が
1%金利が上がると

みんな軒並み何兆円という単位で損が出る。バッド(下向き矢印)

中でも地方銀行はあまり
貸し出しが伸びていないので
ここはリスクが大きいかもしれない。

株式市場では見ておいたほうがいい。眼鏡

製造業をはじめとして
日本の一般事業会社はほとんどが無借金。

お金を借りてても短期プライムレート、
つまりほぼゼロ金利だから

一般事業会社にかかってくるリスクは
さほど大きくはない。

というメッセージも読み取れる。ひらめき

重要なのは資産サイドと
負債サイドを考えること。。。end


現在、銀行株は大きく伸びてきているが
落ちてきたらちょっと注意が必要かも。。。どんっ(衝撃)



◆◆ 頑張る自分にご褒美を・・・幸せのスイーツ ◆◆
◆◆ 幸せに豊かに生きていくためのハッピーグッズ ◆◆

TRFのイージー・ドゥ・ダンササイズで幸せボディを目指せ
ヒップホップ・ダイエット~ベーシック・ヒップホップ・ダンスで燃焼シェイプアップ~
デニス・オースティンのファット・バーニング・4ダンス・ダイエット


女性を幸せにしたい男性のためのハッピーグッズのショッピング
体の中から健康になるハッピーグッズのショッピング
仕事ができる人はみんな持っているPCハッピーグッズのショッピング
男なら誰もが憧れる腕時計ハッピーグッズのショッピング
海外から直輸入した味わい深いビールコーナーのショッピング



AB-ROAD(エイビーロード)で格安海外旅行・航空券を探そう


ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース


posted by イーリズム at 02:01| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック