2012年12月13日

日本売り、好機探るファンド---政権交代 転機との見方

日本経済新聞から。メモ


「日本国債バブルの崩壊」
を次の一大チャンスとにらむ
ヘッジファンドが増えている。

日本では今年、
大人用おむつの売り上げが
子供用おむつを初めて上回った。たらーっ(汗)

これは日本が高齢化に直面
していることを示す好例だ。

弱気筋が今後数カ月で
日本国債バブルが崩壊する
と信じる要因の一つだ。爆弾

逆張りで人気が高い
米ヘッジファンドのカイル・バス氏は、

日本では何年間も
国内総生産(GDP)比での
公的債務残高が増大し、

高齢化の進展や経常収支の悪化を機に、
ついに転換点が迫っている


と指摘する。

だが、これまでにも
似たような状況はあった。手(パー)

日本売りを仕掛けるのは
ヘッジファンドの得意技だが、

最も経験豊富なファンドでさえ
4年連続で損失を出している。バッド(下向き矢印)

これを皮肉るかのように、
日本国債の利回りは、
数年ぶりの水準に低下した。右斜め下

英オードリー・キャピタルで
新設されたばかりの
「日本売り」専門ファンドを運用する
クリストファー・リグ氏は

「状況は変化し始めている」と話す。モバQ

リグ氏の主張は
バス氏ほど極端ではないが、

12月16日の衆院選が
変化のきっかけになると予測する。ダッシュ(走り出すさま)

首相の座に就くとみられる
自民党の安倍晋三総裁が

「日銀に積極性を求めているのは明らかだ」
と語る。

来春には日銀総裁と副総裁
2人が交代する。次項有

安倍政権が誕生すれば
日銀は金融緩和に積極的な
「ハト派」に傾く可能性がある。

そうなれば日銀は外債購入
という量的緩和の新領域に
踏み出す可能性が高いという。あせあせ(飛び散る汗)

その結果、日本国債の利回りが
2%に上昇することもあり得る
とリグ氏は予測する。右斜め上

弱気筋が予測する
6〜7%にはほど遠いが、

日本売りのポジションをとるファンドが
巨額の利益を得るには十分だ。end


こんな他国の不幸で大儲けするような奴らに
黙って勝たせてはいけない。

今後政府は財政問題にどう取り組むのか、
しっかりと方向性を示さなければならない。るんるん


女性を幸せにしたい男性のためのハッピーグッズのショッピング
体の中から健康になるハッピーグッズのショッピング
仕事ができる人はみんな持っているPCハッピーグッズのショッピング
男なら誰もが憧れる腕時計ハッピーグッズのショッピング
海外から直輸入した味わい深いビールコーナーのショッピング



AB-ROAD(エイビーロード)で格安海外旅行・航空券を探そう


ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース




posted by イーリズム at 00:01| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック