2012年12月01日

「日本病に罹った」とついに認めた韓国  株安、低成長、不良債権…悪材料が一気に噴出 その2

日経ビジネスより。メモ

前回の続き。。。左斜め下


不動産市況の低迷は少子高齢化。。。

もっと厳密に言えば、
主に住宅を買う生産年齢人口の減少が
原因であることが証明されてきた。右斜め下

韓国の不動産価格が
ことさらに注目されるのは、

不動産ローンが
米国のサブプライムローンに似て

「少しでも値下がりすると
大量の不良債務者を生みかねない構造」
だから。がく〜(落胆した顔)

「不動産は絶対に下がらない」
との神話が日本以上に根強かった韓国では、

ことに高齢者が利殖目的で借金して
不動産を購入するケースが多い。どんっ(衝撃)

年金制度の不備を個人で補うためでもある。

しかし、

土地神話の崩壊が彼らを直撃し始め、
住宅を手放すか、

生活費を借金に頼る羽目に陥る
「老後難民」
がこれから大量に発生する可能性が強い。爆弾

こうした不安を反映、
株価も下がる。バッド(下向き矢印)

KOSPI(韓国総合株価指数)は
10月上旬まで2000をつけていたものの
同月中旬以降下げ始め、

乱高下を繰り返しながら
しばしば1900を割り込むようになった。ふらふら

それも、
外国人が大量に売り浴びせる一方、
韓国の機関投資家が買い支える
という不気味な・・・

韓国が通貨危機に陥る時の
パターンがほぼ連日続く。end


日本の株価と同様、
問題は裏側に潜んでいるようだ。。。モバQ

kospi.JPG



AB-ROAD(エイビーロード)で格安海外旅行・航空券を探そう

ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース





posted by イーリズム at 02:14| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック