2012年11月23日

「日本経済余命3年」から考える、投資家のとるべき行動とは? その2

海外投資新聞から。📝

竹中平蔵氏が考える、投資家のとるべき行動



日本の財政状態が危機的な中で
個人投資家は海外投資に目を向けている。👀


日本経済に対して、
潜在的な危機感を持っている人はかなりいるはず。💢

特に自分の裁量で資産を蓄積して、
しっかりと自分でリスク管理を
しなくてはいけないと思っている人
にとっては非常に深刻な問題だ。💦

巷の評論家がちゃらちゃらと
論評するような問題ではない。

日本の財政問題を
非常に深刻に考えている人が、

海外に向けて投資をするのは
よく理解できる。🚢

日本はデフレだが、
デフレを是正するための金融政策を
きちんとしていないので
実質金利がまだ高い。↗






posted by イーリズム at 01:01| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック