2012年11月20日

マカオ・マネーロンダリングの一大拠点、その光と影

橘玲の世界投資見聞録より。📝

マカオは税収の8割近くを賭博税から得ている
“賭博国家(地域)”だが、そこには当然、
光だけでなく影もある。

ひとつは、ギャンブル依存症。👝

日本でも製紙会社の御曹司がギャンブルにはまり、
バカラで100億円を失ったことがニュースになったが、

中国の場合、国や省の高級公務員や共産党幹部、
国有企業の経営者などが国有財産を着服して
博打に注ぎ込む不祥事が絶えない。😠

もうひとつの問題は、マネーロンダリング。💴






posted by イーリズム at 00:06| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア新興国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。