2012年09月15日

税金はどう使われているか---金持ち父さん 経済的自由への旅

金持ち父さんの公式メルマガ
【経済的自由への旅】より。メモ


ロバート・キヨサキは
「金持ち父さん」シリーズのなかで、
よく税金に言及している。有料

金持ち父さんの教えは一言でいえば
「自分のお金をいかにコントロールするか」
についてでるが、

税金について繰り返し気をつけるように言うのは、
税金があなたの支出の中で実はいちばん割合が大きく、
簡単にはコントロールできないものだから。ひらめき

国があなたのポケットに手を入れて
お金を抜いていってしまう、
とまで表現している。がく〜(落胆した顔)

日本のサラリーマンの場合、源泉徴収、
つまり給与からの天引きで納税しているため、
あまりその実感はないかもしれないが、

確定申告をしてみると
その額が痛みとともに理解できる。あせあせ(飛び散る汗)

日本では所得税などに加えて、
消費税が車や住宅などの耐久消費財から
日常消費する食品まで等しく5%課税され、

結果として低収入層に対しての
課税率が高くなり不公平だと批判されている。バッド(下向き矢印)

現在の消費税税率5%のままでさえ、
低所得者層では実は世界でも最高レベルの
税率になるのではと指摘されているほどだから、

これが8%、10%と上がっていったとき、
景気はいったいどうなってしまうのかがとても懸念される。ふらふら

もちろん、税金は国を運営に必要なものであるから、
まったくゼロというわけにはいかないのも当然。

しかし、税金が国民生活を
圧迫するようでは本末転倒だし、

本当に無駄なく適切に
使われているのかも気になるところ。目

国の行政機関、
つまり東京の霞ヶ関にある各省庁は、
もちろんよりよい国民生活を実現するために
尽力してくれているのでしょうが、

それがわたしたち国民の意向とずれてしまう、
といったことも起こりえる。

官僚組織の拡充や天下り先となっている
と指摘される各種公益法人や協会、
財団などの拡大傾向は、
そうした動きのひとつであろう。むかっ(怒り)

そうしたことにも
私たちがおさめた税金が使われているから、
きちんと使い道を監視していかねばならない。眼鏡



ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース





posted by イーリズム at 00:28| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金持ち父さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。