2012年09月03日

もう事実を言い出せない状態---略奪大国

「略奪大国」第2章より。本

2011年のある日、
私はBSフジのPrime Newsにおいて、
政務調査会の副会長と生放送で討論。TV

相手は元財務官で、
政策面において日本の実質的な
ナンバーツーの位置にいる人でした。

そこで、私は日本が実質上の
破産状態にあるので、
国債の利息の支払いを
停止させたらどうかと聞きました。モバQ

通常、企業が倒産するとき、
借金の利息の支払いを
停止させることが当然の措置であり、

脱出口を講じる上で
大きな手がかりになることが多い。

彼の返事に驚きました。がく〜(落胆した顔)

「スキナーさん、
そんなことしたら、
2ヶ月以内に日本のすべての
銀行がつぶれてしまいます」


という趣旨でした。

さらにもっとショッキングな
発言がありました。爆弾

彼は、国際通貨基金(IMF)の
幹部と話していて、

日本国内の貯金で赤字国債を
買ってもらえる残高は
どのくらいあるのかという
試算はありますかと聞いたところ、

「A few more years」

と答えられたそうです。

銀行はあなたの貯金で
国債を買っています。

そして、後3〜4年で、
貯金残高がゼロになるという
試算になっています。ちっ(怒った顔)

もう知っている人は知っている。
でも誰も真実を言い出せない。。。ひらめき



ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、ここにクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース





posted by イーリズム at 06:50| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。