2012年08月26日

いじめられている君へ---話せば見方は増えます

「生協の白石さん」著者
白石昌則さん。

いじめを受けた経験は、
人をやさしくさせる。

少なくとも、痛みを知るあなたが
誰かをいじめることはないでしょう。

もし誰かがいじめられてたら、
どんな偉人の名言よりも説得力のある、
救いの言葉をかけてあげることができるでしょう。

あなたは世の中に必要とされているんです。ぴかぴか(新しい)

あなたが受けたいじめを知れば、
世の中のほとんどはあなたの味方をする。

話せばどんどん味方は増える。

いじめが解消され、
あなたが他の子を助ける側に回ってくれたら、
どんなに心強いことでしょう。

「生協の白石さん」の中に
「もういやだ 死にたい」という
学生の相談がある。

それに対して以下の回答を載せた。

「人間は他人の生死に関し、
呆れる程、無力で無関心なものです。
本人にとっては深刻な問題なのに、
なんだか悔しいじゃないですか。
生き続けて、見返しましょう!」


あなたなら「死にたい」という学生に
どんな回答をしますか?

きっと、もっともっと温かい言葉に
なるように気がします。るんるん



ためになったら下部の「いいね」ボタン、
または、クリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース




posted by イーリズム at 04:41| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。