2012年08月18日

もう国には頼らない---20代に年金不信

毎日新聞の記事。
負担増の社会より。メモ

年金保険料は払い損。
未納のまま、保険料分を
自分で運用したほうがまし。。。
手(グー)

公的年金を信頼せず、
老後の資金を運用で稼ごうという勉強会。

学生が金融商品の種類から
国の財政問題まで、
持ち回りで勉強して説明している。

有力政治家らの国民年金未納問題や、
過去に払った保険料を確認できない
「消えた年金」問題が発覚したことがあった。がく〜(落胆した顔)

こんなむちゃくちゃな制度に
保険料を払うなんてばかばかしい。
むかっ(怒り)

公的年金を信用しないのは、
不祥事のためだけではない。

若い世代は、
将来受け取る社会保障給付の総額より、
現役時代に払う税・保険料の総額が多い
「支払い超過」になる
からだ。パンチ

現行の社会保障は、
財源の多くを現役世代の
保険料や税金でまかなう。

少子高齢化で現役が減ると、
負担は重くなる構造だ。たらーっ(汗)

高齢者への給付抑制の
具体策も先送りされ、
10%に増税しても、
社会保障費の増加に追いつかない。ふらふら

高齢者偏重の制度に切り込まないと、
いずれ行き詰る。

なぜ抜本改革しないのか。。。

景気や雇用の悪化で
先行きが見えない20代。

社会保障を支える側の若者で、
このような反乱が広がったり、
生活基盤の弱体化が進んだりすれば、
制度の根幹が揺らぐ。end

ワニの口は開いたまま。
閉じてくれないようです。右斜め上

資産防衛の準備はできていますか?



ためになったらクリックお願いします。左斜め下
ブログランキング・にほんブログ村へ


・HSBC香港+証券会社代行コース




posted by イーリズム at 00:11| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国家破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。