2012年06月14日

最も勝率の高い戦略は市場の大きな歪みに直接投資すること その3

昨日に引き続き、橘玲さんの連載「セカイの仕組み」からメモ
では具体的に個人投資家はどうしたらよいか…

日本の財政は持続不可能だと判断した投資家は、
円安ではなく、第一要因である
国債暴落に賭けるべきだということになる。


実際、日本国破産を予測するヘッジファンドは、
日本国債のプットオプションを大量に買っている。バッド(下向き矢印)

ここで注意しなければならないのは、
仮に日本の国家破産が避けられない運命だとしても、
いつ国債暴落が起きるかは誰にもわからない


国家は無限に借金できるわけではないが、
1500兆円や2000兆円の負債なら耐えられるかもしれないし、
逆に負債はすでに限界を超えていて、増税法案が国会を
通らなければたちまち国債が暴落するかもしれない。爆弾

オプションを使って投資するリスクは、仮に予測が当たっても
期限までに間に合わなければすべて外れになってしまう
典型的なハイリスク・ハイリターンの投資法である。

では、個人投資家はどうすればいいか?

実はプットオプション以外にも、
手軽に国債暴落に賭ける方法はある。わーい(嬉しい顔)

「国債ベアファンド」は、
日本国債の値動きに3〜4倍のレバレッジをかけ、
国債価格が下落すると利益が出るように設計された金融商品だ。
るんるん

1万円から購入可能で、もちろん期限はない。
日本の金利は限界まで下がっているから、
金利低下による損失は限定されている。手(グー)
(以上、本文より引用)

確かに有効な投資の選択肢であることは間違いないが、
個人的にはこの国が好きだから国家破産に賭けるつもりはない。ふらふら

仮にそれに賭けて予測が当たったとしても、
ハイパーインフレとなり円の価値がなくなっているかもしれない。ひらめき

これもある意味、不確定要因である。
となると、海外に資産逃避させるのが安全か。


・HSBC香港+証券会社代行コース






リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム







posted by イーリズム at 00:02| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・ソロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。