2012年06月13日

最も勝率の高い戦略は市場の大きな歪みに直接投資すること その2

市場が複雑系であれば、因果律がひとつ増えるごとに
予想が当たる確率は大きく下がってしまう。


市場の大きな歪み(バブル)を発見して未来が見えたら、
直接の因果関係に賭けるのが最も勝率の高い投資戦略になる。


昨日は、橘玲さんの連載「セカイの仕組み」から
こんな話をしてきたわけだが本日もその続き。
場所を日本に移してみたい。目

財政学者の多くは、そう遠くない将来に
日本は深刻な財政危機に見舞われることになる…
と考えている。。。どんっ(衝撃)

そこで描かれるシナリオはどれもほぼ同じで、
国債暴落(金利の上昇)→超円安→ハイパーインフレ
というい順番(因果関係)で危機は深刻化していく。台風

この予想に基づいて、
「国家破産に備えて外貨資産を持とう」
というアドバイスもよく目にする。銀行

これが間違っているとは思わないが、ソロスの失敗を見れば、
国債暴落=金利上昇という第一要因がただちに
円安やインフレという因果関係に結びつくかどうかは不確定だ。
ひらめき

国債が暴落して金利が上昇すると、
損失を被った日本企業や金融機関は
海外資産を売却して円に戻そうとするかもしれない。exclamation&question

だとすれば、為替相場は一時的に大幅な円高になるだろう。グッド(上向き矢印)

このように考えれば、
日本の財政は持続不可能だと判断した投資家は、
円安ではなく、第一要因である
国債暴落に賭けるべきだということになる。
手(グー)

実際、日本国破産を予測するヘッジファンドは、
日本国債のプットオプションを大量に買っている。有料







リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム






posted by イーリズム at 00:39| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・ソロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。