2012年06月08日

キャッシュフローゲーム「CASHFLOW for KIDS」で子どもと遊ぶ

L03B201206030002.JPG以前もブログで紹介したが
アメリカに住んでいる友人が帰国する時に
このゲームを買ってきてもらった。手(グー)

アメリカなのでもちろん英語版。
お金と英語の勉強もできたらな…と思って。わーい(嬉しい顔)
L03B201206030003.JPG
我が家では7歳と3歳の娘と
それぞれの知識レベルに合わせて
ゲームを楽しんでいる。演劇

このゲームは6歳以上となっているが、
そんなのは関係ない。決定

子どもたちが興味を持ってゲームを
楽しんでくれればそれでいい。るんるん

7歳というと2ケタの足し算引き算まではできる。
(もうすぐ掛け算をやると言っていた。)

このゲームでは10ドルから1000ドルまでの紙幣を使う。
「2ケタも3ケタも0がついているだけの違いだから…」
とか言っていると何度かゲームをやっているうちに
自分で計算ができるように。グッド(上向き矢印)

今では今月の収入が690ドルの場合は
700ドルをもらって10ドルを返すことも覚えた。NEW

3歳というとようやく数字を数えられるようになったばかり。
このゲームではサイコロを2つ振るのだが
2つの出た目を指さしながら数えさせる。ハートたち(複数ハート)
最大12だから何とか数えることができる。

そして一緒にコマを進める。
まだお金の意味も分かっていないようであるが
子どもはお金で遊ぶのは好きらしい。銀行

子どもは自分でできるようになると楽しい。
それぞれのレベルでそれぞれの楽しみ方がある。









posted by イーリズム at 00:02| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャッシュフローゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。