2012年05月28日

中国経済はどれほど強いのか?から何を学ぶか



ユーロ信用不安により
世界の投資環境に大きな影響が出ているが
中国への影響は限定的となるのだろうか?ひらめき

アジア金融危機の時のように
海外の投資マネーがバブルを作り出した後
一気に資金を引き上げると同時に金融危機…
とはならないように金融面は強化されている。るんるん

多くの中国人が中国の銀行を信用し
お金を預けている間(貯蓄率が高い)は
政府が金融をコントロールできる。決定

しかし今のユーロのように
ひとたび取り付け騒ぎが起きてしまうと
一気に政府が規制に乗り出してくる。むかっ(怒り)

このように政府や当局の規制に左右される銀行に
預金するのはちょっとリスクが高いと感じる。爆弾

HSBC中国も管理強化するという噂も聞いたし
余っていても中国大陸に資金を移すのは控えたい。ふらふら

やっぱり香港が安心。。。ぴかぴか(新しい)





posted by イーリズム at 10:22| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア新興国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。