2019年08月03日

不動産投資の会社選びの参考として



これから不動産投資を開始するという方も多いでしょう。
そんな方のために失敗しないための不動産投資会社選び
について経験に基づき書かせていただきます。


トラスト
https://www.trust-realestate.jp/

無料セミナーに参加したのがきっかけで
以後たまにメールが送られてきます。
オフィスは銀座駅近くだった記憶があります。

社員さんは強く勧誘してくることもなく
非常に親身に対応していただけたと思います。

物件は首都圏が中心だったので若干値段が高く
こちらの要望には合いませんでした。

また取引先も若干金利の高い銀行しかなかったような。。。







Kellybucks
https://www.kellybucks.co.jp/

無料面談で担当者の方とお会いしました。

電話であらかじめ自分の年収などをお伝えしていたので
不動産投資をした場合のシミュレーションをもらいました。

ただ自分の勤続年数が短かく融資が難しい状況であったため
時間をおいてからにしましょうってことになりました。

その後、テレビ東京「ガイアの夜明け」の放送で、
ケリーバックスの元社員が顧客の預金残高を改ざんしていたと
インタビューで話をしていました。

ということで、今後こことはお会いすることはないでしょう。


J.P.RETURNS
https://jpreturns.com/

こちらも無料面談で担当者の方とお会いしました。

電話であらかじめ自分の年収などをお伝えしていたので
不動産投資をした場合のシミュレーションをもらいました。

首都圏物件が中心でしたが他社に比べると
比較的低価格であったことから前向きに進めたかったですが
その後連絡するも返信がなくそれっきりです。




ランドネット
https://landnet.co.jp/

こちらも無料面談で担当者の方とお会いしました。

非常に若い方でしたが業界のことをよくご存じで
税金のことなども的確にアドバイスをしてくれました。
ただたまに上から目線で指摘されることも。。。

この会社の良いところはHPに物件が出ていること。
築古物件が多いですが、ある程度価格帯がつかめます。

相談すれば、非公開物件も見せてくれるかも。


Property Agent
http://www.propertyagent.co.jp/

この会社は都心駅近新築マンション専門です。
ですので物件価格が高く、月々の収支はマイナスになります。

個人的には物件価格が安く、月々の収支はプラスが希望なので
おのずと中古物件となってしまうのですが
これをこの会社の方に伝えると、そんな「甘い投資なんてない」
とかなり強い口調で言われました。

それだけ自社物件を売りたいのはわかりますが
あくまでお金を出すのは顧客ですので
それに寄り添った提案をしてほしいものです。

またこの会社はLinkedInを使って営業をしてきます。
若い女性社員が友達リクエストをしてきて承認すると
不動産投資の話が始まるみたいな。。。

LinkedInはそのように使ってほしくないですね。
社内で認めているってことでしょうか。。。





ベルテックス
https://vertex-c.co.jp/

オフィスは新宿の新しいビルだった記憶があります。
誰かの紹介で行ったのですが、いきなり取締役が出てきて
ちょっとびっくりしたのを覚えています。

一通り、自分の希望を伝えると物件資料を見せてくれたのですが
当然いろいろ比較したいのですぐには決められず渋っていたら
その取締役は「私が勧めた物件は大抵の人は買いますよ」と。

「私は取締役だから価格の決定権があります」
「少しはお安くできますよ」みたいな。。。

かなり若い方でしたが完全に上から目線で
「ちょっと考えたい」と逃げるように出てきました。

会社としてはかなりの売り上げを出しているようですが
彼だけではないとは思いますが、かなり強引ですね。


まだ他にもいろんな会社の人と会ってきましたが
やはり顧客の視線で謙虚に対応してくれる担当者がいいです。

社員の態度は社風によっても変わってくると思いますので
担当者がいなくなっても適切な対応をしてくれます。

不動産投資は長期で運用していくものですので
物件も大事ですが担当者や会社を見る目も必要です。

何かのご参考になれば幸いです。
ラベル:不動産投資
posted by こうちゃんパパ at 15:59| 愛知 ☀| Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

入園前のお子様に英語をお勧めする2つの理由



子供をどう育てるか、親にとって永遠の課題ですよね。
最近政府も英語教育を推進しようとしているようには見えますが
親として具体的にどうしたらよいのかがわかりません。

学校任せでいいのか?
それだとこれまでの答えのある問題しか解けない生徒になりそう。。。

結局ある程度は家庭+αで教育してあげないといけない。。。
じゃ、いつからやり始めたらいいのでしょうか?

Smile☆えいごクラブで紹介されているメッセージに答えがありました。
そこから引用させてもらってご紹介します。


お子さまが保育園・幼稚園に入園されるまでの親子の時間は、貴重で幸せな時間であると同時に、大変なこともたくさんありますよね。毎日本当にお疲れさまです♡

Smileえいごクラブは、そんな時期のママ・パパとお子さま達に、英語講師としてお役に立てるかもしれない! 入園前の育児に英語を取り入れないのは、もったいなーい!! という思いで立ち上げた英語クラブです。






入園前の今!英語をお勧めする理由は2つあります👀

1. お子さまの耳が人生で最も良い時期!

赤ちゃんは生まれながらに、様々な音を聞き分ける能力を持っています。しかし、その能力は1歳くらいから失われ始め、3歳を過ぎると、日常生活で聞く機会のない音は、必要ないものとして、聞き取れなくなってしまうとも言われています。そのような“臨界期”を迎える前に、英語の音にたくさん触れておくことで、将来ネイティブの英語を聞き取ることに苦労しないお耳と、英語を話すための土台を作ることができます。



2.ママ・パパも、お子さまと一緒に楽しく元気になれる♪
英語って、声に出してみるとあら不思議、ちょっと明るく前向きな気持ちになれちゃうのは、私だけ?ではないはず。控えめな日本語にはない、はっきりとしたリズムと強弱を声に出して、英語を楽しんでみましょう♪ きっと親子で笑顔になれますよー💕


英語を声に出すなんて学校の授業以来、というママ・パパもいるかもしれません。
ご心配なく! 一緒に楽しくやってみましょう♪





記事はこちらからご覧ください。
https://ameblo.jp/smile85club/

教室についてP1_page-0001 (1).jpg

体験レッスンのご予約はこちら。
https://ameblo.jp/smile85club/entry-12452744033.html

1030170505-2 - コピー最新 - コピー.jpg
posted by こうちゃんパパ at 00:09| 愛知 | Comment(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

日程追加☆「親子で楽しい♪Smileえいごクラブ@保土ヶ谷」



参加者が増えてきたため、5月6日にも枠を増やしました。
希望者がおられましたらお早めにご予約下さい。

我が家の近くで未就園児を対象とした親子英語教室が始まります。
場所は横浜市保土ヶ谷区の保土ヶ谷駅西口徒歩3分です。

https://ameblo.jp/smile85club/entry-12454122033.html

1030170505-2 - コピー最新 - コピー.jpg

5月開講!【おやこリズムコース】の体験レッスン受付中です!
パパ、おじいちゃん、おばあちゃんとのご参加もOK!

先生は元大手英会話教室講師をしていたママです。
その他にも日本こども教育センター英語リトミックや
ベビーマッサージなどを受講しているそうです。






★対象:0歳〜3歳

★日時:2019年
@4月27日(火) 10:10−10:50
A4月27日(火) 11:10−11:50
B5月7日(火) 10:10−10:50
C5月7日(火) 11:10−11:50
☆追加しました☆
D5月6日(月) 10:10−10:50
E5月7日(月) 11:10−11:50

★定員:各回8組

★会場:帷子会館 (JR保土ヶ谷駅西口徒歩3分♪かたびらと読みます)

★参加費:500円

1030170505 (2).jpg



レッスンでは英語の歌をたくさん使います♪
耳の良い時期に英語の音に親しむことで、お子様の英語耳がグンと育ちます。

英語の音やリズムって、声に出すと楽しい〜♪
ママ(パパ)も一緒に歌って、親子で笑顔いっぱいの時間を過ごしましょう!





英語の楽しい音とリズムを自然に吸収できる
「お耳の黄金期」は幼稚園に入るまでらしいです。

親子で楽しめて英語耳が作られるっていいですね。
是非、ご検討ください。

HPはこちらからどうぞ☆
https://ameblo.jp/smile85club/entry-12452744033.html
posted by こうちゃんパパ at 07:56| 愛知 ☁| Comment(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
医師専門の転職支援サイト